FC2ブログ
12.04
2016
横浜市金沢区の称名寺です。

北鎌倉駅から横須賀線で逗子駅へ行き、歩いて5分ほどの京急新逗子駅から金沢文庫駅へ。

称名寺までは歩いて15分ほどです。

入口の惣門から仁王門までの両側に桜並木があります。

また、中の阿字ヶ池周囲にも桜があり、いつか桜咲く時期に行ってみたいものです。

イチョウは既に落葉が多くて残念でしたが、見事な庭園を楽しむことができました。

撮影日:11/30

OLYMPUS E-M5 Mark2 + M.ZD ED 12-40mm F2.8 PRO, RAW

反橋。朱色が色褪せていて残念
EM5m2_1729.jpg

仁王門とケヤキ
EM5m2_1730.jpg

阿字ヶ池。イチョウは樹齢800年を超えるといわれる
EM5m2_1731.jpg

反橋と仁王門
EM5m2_1732.jpg

鐘楼と金堂
EM5m2_1733.jpg

金堂の下の猫
EM5m2_1734.jpg

称名寺を調べると(横浜金沢観光協会HP・Wikipediaなど)
金沢北条氏一門の菩提寺で、鎌倉時代に北条実時が建立したとされています。
真言律宗別格本山の寺院で山号は金沢山(きんたくさん)。本尊は弥勒菩薩。
阿字ヶ池を中心に中之島・反橋・平橋を配した「浄土庭園」が有名。

称名寺の横にある金沢文庫は
鎌倉時代のなかごろ、北条氏の一族(金沢北条氏)の北条実時が邸宅内に造った武家の文庫の資料と
称名寺に伝わった貴重な資料で、絵画・彫刻・古書・工芸品などが収納されている。

以上を私は知りませんでしたので、勉強になりました。


ランキングに参加しています
ブログ村中部写真
ブログ村風景写真
 ありがとうございます

comment 2 trackback 0
back-to-top