FC2ブログ
12.01
2020
E-M1 Mark III に星空オートフォーカス機能があるのを思い出し使ってみました。

敢えて手持ち撮影で行い、星空AFの設定は速度優先にして、シャッター半押しで
フォーカスし、全押しでシャッター設定に変えています。
満月光下での撮影です。

OLYMPUS E-M1 Mark III + M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO

オリオン座。満月の月光下ですが1等星を入れば早く合焦します。
EM1m3_0175.jpg
40mm(換算80mm),F4,4秒,ISO3200、少しブレあり

オリオン座中心部
EM1m3_0176.jpg
120mm(換算240mm),F4,3.2秒,ISO3200
さすがにブレてますがピントはきています

今、気が付いてのですが F2.8にしなかった大ボケ

満月。星空AF使用。3枚撮ってピント良は1枚
EM1m3_0177.jpg
RAW現像で明瞭度、かすみ除去など使用し大きくトリミング

星空AFは十分に使えることが分かりました。
過去、液晶画面での星のピント合わせに苦労してましたが、
星空AFによりかなり楽になると思います。
星の色が出ないのが課題です。

ランキングに参加しています
ブログ村中部写真
ブログ村風景写真
 ありがとうございます

comment 0 trackback 0
07.09
2020
E-M1 Mark III の機能に深度合成フォーカスブラケットがあり、カメラ内で合成されます。
(E-M5 Mark II にもフォーカスブラケットがあるがカメラ内では処理しない)
せっかくの機能ですので使ってみました。
使い方はマニュアルやWebの記事に任せて結果のみを。

OLYMPUS E-M1 Mark III + M.ZD ED 12-40mm F2.8 PRO 手持ち
設定:撮影枚数=8 フォーカスステップ=5 撮影データ:F8 1/125
8枚の内3枚を載せます

1枚目
EM1m3_0062.jpg

4枚目
EM1m3_0063.jpg

8枚目
EM1m3_0064.jpg

合成結果 手前から奥まで合焦
EM1m3_0065.jpg
奥は少しボケて欲しかったのでフォーカスステップを小さくれば良いかもしれません。
合成時に上下左右がカットされ上部が欠けました。カット量が結構大きいので余裕をもった構図が必要です。

画質モード:JPEGに設定 → フォーカス移動しながらJPEGを8枚撮影後に合成したJPEG1枚生成
画質モード:RAWに設定  → フォーカス移動しながらRAW+JPEGを8セット撮影後にJPEG1枚生成(RAW画はなし)
JPEG画は設定したアスペクト比、RAW画はフル(4:3)で記録されます。
深度合成は画質モード:JPEG で使うのが良いと思います。
欲を言うならフォーカスを移動しながらの8枚を自動で消してくれる設定がほしいところです。
撮影対象物の大きさや動きに応じたフォーカスステップや、絞りシャッター速度などをテストする必要がありそうです。

もうひとつのテスト
設定:撮影枚数=8 フォーカスステップ=3 撮影データ:F2.8 1/1000
8枚(トリミングして並べる)
EM1m3_0066.jpg

合成結果
EM1m3_0067.jpg
左のヒゲがうまく処理されていません。


上高地に孤立していた人のうち、宿泊客35人は土砂崩れの区間を歩いて無事下山しました。
下山していない約270人は宿泊施設の従業員などということです。

ランキングに参加しています
ブログ村中部写真
ブログ村風景写真
 ありがとうございます

comment 0 trackback 0
02.15
2019
OLYMPUS Viewer3 に代わるオリンパス純正現像ソフト「Olympus Workspace」を使ってみました。
大きな変化は明瞭度とかすみ除去の機能が追加されたことです。
あとJPEG画像にもアートフィルターが使えるようになりました。
他のレビューでは処理速度が向上したとありますが、劇的とは感じず、
現像後のJPEGファイル書出しは遅くなったように感じました。
私はViewer3をずっと使ってきて大きな不満なく、唯一かすみ除去の機能が欲しく、
Adobe Lightroomの導入を検討していましたが、これで不要となりました。
OLYMPUS E-M5 MarkII + Telecon MC-14 + M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO, RAW

松本市城山公園からの仁科三山(爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳)
EM5m2_3659.jpg
OLYMPUS Viewer3 現像。トーンカーブ使用

EM5m2_3660.jpg
Olympus Workspace 現像。明瞭度50 かすみ除去70

諏訪湖
G9X_0427.jpg
Canon PowerShot G9X, JPEG, アートフィルター:クロスプロセス

OLYMPUS Viewer3 は3月いっぱいで更新終了するようです。

ランキングに参加しています
ブログ村中部写真
ブログ村風景写真
 ありがとうございます

comment 0 trackback 0
02.03
2017
Canon EOS 80DとTokina AT-X 11-20 PRO DX F2.8 を導入しましたので、テストを兼ねて松本市街を撮りにいきました。

星の固定撮影用にCanon 60DとTAMRON SP AF17-50mm F2.8 XRの組み合わせで使っていましたが、

60D用のダブルズームの出番がなく、TAMRON SP AF17-50mmでは広角側が足りないため、昨年末に思い切って60Dダブルズームを

下取りに出し、Canon 80DとTokina AT-X 11-20を購入しました。

80DとTokinaのどちらもキャッシュバックがあったのも思い切った理由のひとつです (^_^;)

「開放F2.8でフィルターが使える」が条件で、星景テストレポートを参考にしてこのレンズにしました。

予定外の出費で、今年はレンズ等の購入は控えることになります・・・泣

Canon EOS 80D + Tokina AT-X 11-20 PRO DX F2.8

11mm(換算17.6mm) F2.8
80D_0001.jpg

11mm F3.2
80D_0002.jpg

11mm F5.6
80D_0003.jpg

F2.8では下側両端の画像が悪くF5.6でかなり改善

11mm F2.8
80D_0004.jpg

11mm F5.6 逆光耐性は良いよう
80D_0005.jpg

19mm(換算30.4mm)
80D_0006.jpg

Canon 80DとTokina AT-Xの組み合わせで出てくる画は悪くないと感じましたが、

操作性はOLYMPUS E-M5 MarkII の方がよいと感じました。

初期設定ではフォーカスエリアの移動が右肩のボタンを押さないと出来ないのですが、

先ほどネットを見てマルチコントローラーのみで移動できるよう設定できました。


ランキングに参加しています
ブログ村中部写真
ブログ村風景写真
 ありがとうございます

comment 1 trackback 0
01.19
2017
オリンパスプラザが新宿に移ってから初めて行きました。

プラザが入るエステック情報ビルの17階にサービスステーションがあります。

今回のE-M5 MarkIIのトラブルですが

・しばらく使わないでいると電源ONにしても電源が入らず、一旦バッテリーを抜いて再度入れると電源ONになる。

・電源ON状態から電源OFFにしても切れない。

購入時の特典で保証がプラス2年付いていましたので、無償修理となりました。

修理はピックアップでも可能ですが、半分は浜離宮の梅を撮りたいのがあり、新宿までで出掛けた次第です。

なお、松本-新宿は低料金の高速バス利用がほとんどです(時間もさほど変わらない)

E-M5 を手放さずにいたので代役となってくれました。


OLYMPUS E-M5 + M.ZD ED 12-100mm F4 IS PRO, RAW

右に東京モード学園、左手前は新宿センタービル、左奥は損保ジャパン日本興亜本社ビル
E-M5_1916.jpg

ズームアップ100mm(換算200mm)
E-M5_1917.jpg

ED 300mm F4.0 IS PRO の体験ができます
E-M5_1918.jpg

明日から浜離宮での写真をアップする予定です。


ランキングに参加しています
ブログ村中部写真
ブログ村風景写真
 ありがとうございます

comment 0 trackback 0
back-to-top